タイプ1+ 2 T1 + T2クラスB + CクラスI + IIPVサージ保護デバイス太陽光発電PVソーラーアプリケーション用DCSPD


太陽光発電の用途は、太陽光発電業界で見られます。 投資家に最大のROIを与えるには、太陽光発電(PV)パネルをサージから保護することが重要です。 ソーラーパネルに損傷を与える電気サージの最大の原因は、システムへの直接的および間接的な落雷です。

太陽光発電パネルやインバーターなどの太陽光発電システムの端末装置を雷サージ電流の影響から保護するためにDC側を設置するためのFLP-PV&SLP-PVシリーズ。

視覚的表示: 緑= OK、 赤=置換
統合されたキーイングは、交換時のプラグ/ベース電圧のミスメイティングエラーを防ぎます。
ステータス監視を容易にするリモートアラーム接点。
自己防衛のための迅速な熱応答。
電圧保護レベル(上):<5,2kV
T1 + T2、クラスB + C、クラスI + II、Iimp(10 /350μs):6,25kA、合計12,5kA
T2、クラスC、クラスII、In(8 /20μs):20kA、Imax(8 /20μs):40kA
Ucpv:600Vdc / 1000Vdc / 1200Vdc / 1500Vdc
IP20の侵入保護等級

私たちは本物のAC&DCサージ保護デバイス(SPD)メーカーであり、照明およびサージ保護分野で10年の経験があります。 5年間の限定保証を提供します 影響により OEM / ODM サービス。 IEC 61643-31:2018およびEN 50539-11:2013に従って、TUV、CB、CE、EACによって承認されたDCサージ保護デバイスSPDの一部。 電力サージ保護を使用してプラントのKPIを改善します。

PVサージ保護デバイスT1 + T2 B + CFLP-PV-Gシリーズ


  • IEC&EN61643-31およびEN50539-11規格に準拠したSPD
  • パスあたり20kA(8 /20μs)の公称放電電流
  • 最大放電電流Imax40 kA(8 /20μs)
  • インパルス放電電流Iimp6.25 kA、Itotal 12.5 kA(10 /350μs)
  • 最大1000〜1500 VDCの連続動作電圧Ucpv
  • ステータス表示付きのモノブロックでコンパクトなデザイン
  • オプションのリモート表示接点

PVサージ保護デバイスT1 + T2 B + CFLP-PVシリーズ


  • IEC&EN61643-31およびEN50539-11規格に準拠したSPD
  • パスあたり20kA(8 /20μs)の公称放電電流
  • 最大放電電流Imax40 kA(8 /20μs)
  • インパルス放電電流Iimp6.25 kA、Itotal 12.5 kA(10 /350μs)
  • 最大1000〜1500 VDCの連続動作電圧Ucpv
  • ステータス表示付きのプラグインモジュール設計
  • オプションのリモート表示接点

DCサージ保護デバイスT2クラスCSLP-PVシリーズ


  • IEC&EN61643-31およびEN5053911規格に準拠したSPD
  • パスあたり20kA(8 /20μs)の公称放電電流
  • 最大放電電流Imax40 kA(8 /20μs)
  • 最大600〜1500 VDCの連続動作電圧Ucpv
  • ステータス表示付きのプラグインモジュール設計
  • オプションのリモート表示接点

タイプ2、クラスC、PCBマウント用のクラスIIPVサージプロテクタデバイスSPD


  • 最大900Vモジュールの最大連続動作電圧(UCPV)で使用
  • 高感度で信頼性の高いリモートシグナリング接点
  • 障害インジケータ、緑-緑なし
  • プリント回路基板(PCB)取り付け用のコンパクトなプロファイル
  • で:10 kA、Imax:20 kA
  • IEC61643-31準拠

24時間以内に返信し、メールボックスが他の目的に使用されないようにすることをお約束します。