Power over EthernetPoEサージプロテクタDT-CAT6A / EA


Power over Ethernet PoEサージプロテクタデバイスSPDは、PoE(Power over Ethernet)ネットワークに接続された機密データ処理機器を屋内アプリケーションの一時的な過電圧から保護するように設計されています。

「ネットディフェンダー」は、最大1Aの公称電流でPowerover Ethernet PoEサージプロテクタを使用できます。ハットレールに直接スナップして、必要な等電位ボンディングを作成できます。 または、個別に接続可能な端子保護

  • Power over EthernetPoEサージプロテクタ+最大1Aのサポート(IEEE802.3atに準拠したPoE +)
  • ANSI / TIA / EIA-6に準拠したチャネルのCAT568A
  • 0からの境界での避雷ゾーンの概念に準拠した設置用B-2以上
種類DT-CAT 6A / EA
EN 61643-21 / IEC61643-21に準拠したSPDタイプ2 /クラスII
最大連続動作AC電圧Uc41 V
最大連続動作DC電圧Uc58 V
最大連続動作DC電圧ペアペア(PoE)Uc57 V
定格電流IL1
公称放電電流C1(ライン-ライン)500 V / 250 A
公称放電電流C2(合計)7 kA
公称放電電流C2(Line-PE)5kV/2.5kA
公称放電電流C3(Line-PE)1000 V / 10 A
公称放電電流D1(Line-PE)1000 V / 500 A
保護レベルアップC1(ラインライン)500 V
保護レベルアップC2(ラインアース)600 V
保護レベルアップC3(ラインアース)600 V
250MHzでの挿入損失<2 dB
静電容量ラインライン(C)<165 pF
静電容量ライン-PG(C)<255 pF
動作温度範囲(TU)-40 / + 80°C
保護の程度IP 20
接続(入力/出力)RJ45/RJ45
ピンニング1/2, 3/6, 4/5, 7/8
エンクロージャ材料アルミニウムハウジング
経由による接地接続線
ISO / IEC11801に準拠した伝送クラスネコ。 6
EN50173-1に準拠したトランスミッションクラスクラスEA
ANSI / TIA / EIA-568に準拠した伝送クラスネコ。 チャネル内の6A
承認TUV、CB、RoHS

サージプロテクタ-IT-システム-ネット-ディフェンダー-ND-CAT-6AEA

寸法と基本回路図-IT-システム-ネット-ディフェンダー-ND-CAT-6AEA_1

用語と定義

公称電圧UN

公称電圧は、保護されるシステムの公称電圧を表します。 公称電圧の値は、多くの場合、情報技術システムのサージ保護デバイスのタイプ指定として機能します。 これは、ACシステムのrms値として示されます。

最大連続動作電圧UC

最大連続動作電圧(最大許容動作電圧)は、動作中にサージ保護デバイスの対応する端子に接続できる最大電圧のrms値です。 これは、定義された非導通状態の避雷器の最大電圧であり、トリップして放電した後、避雷器をこの状態に戻します。 UCの値は、保護するシステムの公称電圧と設置者の仕様(IEC 60364-5-534)によって異なります。

公称放電電流In

公称放電電流は、サージ保護デバイスが特定のテストプログラムで定格され、サージ保護デバイスが数回放電できる8 /20μsのインパルス電流のピーク値です。

最大放電電流Iマックス

最大放電電流は、デバイスが安全に放電できる8 /20μsインパルス電流の最大ピーク値です。

雷インパルス電流Iインプ

雷インパルス電流は、10 /350μsの波形を持つ標準化されたインパルス電流曲線です。 そのパラメータ(ピーク値、電荷、比エネルギー)は、自然の雷電流によって引き起こされる負荷をシミュレートします。 雷電流および複合避雷器は、破壊されることなく、そのような雷インパルス電流を数回放電できなければなりません。

総放電電流I合計

全放電電流テスト中に多極SPDのPE、PEN、またはアース接続を流れる電流。 このテストは、電流が多重極SPDの複数の保護パスを同時に流れる場合の総負荷を決定するために使用されます。 このパラメータは、個人の合計によって確実に処理される総排出容量にとって決定的です。

SPDのパス。

電圧保護レベルUP

サージ保護デバイスの電圧保護レベルは、標準化された個々のテストから決定された、サージ保護デバイスの端子の電圧の最大瞬時値です。

–雷インパルススパークオーバー電圧1.2 /50μs(100%)

–上昇率が1kV /μsのスパークオーバー電圧

–公称放電電流Iで測定された限界電圧n

電圧保護レベルは、サージを残留レベルに制限するサージ保護デバイスの機能を特徴づけます。 電圧保護レベルは、電源システムのIEC60664-1に準拠した過電圧カテゴリに関する設置場所を定義します。 情報技術システムで使用されるサージ保護デバイスの場合、電圧保護レベルを保護対象の機器のイミュニティレベルに適合させる必要があります(IEC 61000-4-5:2001)。

短絡電流定格ISCCR

SPDが対象となる電力システムからの最大予想短絡電流

指定された断路器と組み合わせて、定格

短絡耐量

短絡耐量は、関連する最大バックアップヒューズが上流に接続されている場合にサージ保護デバイスによって処理される予想される電源周波数短絡電流の値です。

短絡定格ISCPV 太陽光発電(PV)システムにおけるSPDの

SPDが単独で、またはその切断デバイスと組み合わせて耐えることができる、影響を受けない最大短絡電流。

一時的な過電圧(TOV)

高電圧システムの障害により、サージ保護デバイスに一時的な過電圧が短時間存在する場合があります。 これは、落雷またはスイッチング操作によって引き起こされる、約1ミリ秒以内の過渡現象と明確に区​​別する必要があります。 振幅UT この一時的な過電圧の持続時間はEN61643-11(200 ms、5 s、または120分)で指定されており、システム構成(TN、TTなど)に従って関連するSPDについて個別にテストされます。 SPDは、a)確実に故障する(TOVの安全性)か、b)TOVに耐性がある(TOVに耐える)ことができます。つまり、一時的な過電圧の間およびその後に完全に動作します。

公称負荷電流(公称電流)IL

公称負荷電流は、対応する端子を恒久的に流れる可能性のある最大許容動作電流です。

保護導体電流IPE

保護導体電流は、サージ保護デバイスが最大連続動作電圧Uに接続されたときにPE接続を流れる電流です。C、インストール手順に従い、負荷側の消費者なし。

主電源側の過電流保護/避雷器バックアップヒューズ

サージ保護デバイスの遮断容量を超えるとすぐに電源周波数追従電流を遮断するために、インフィード側の避雷器の外側に配置された過電流保護デバイス(ヒューズや回路ブレーカーなど)。 バックアップヒューズはすでにSPDに統合されているため、追加のバックアップヒューズは必要ありません(関連セクションを参照)。

作動温度範囲TU

動作温度範囲は、デバイスを使用できる範囲を示します。 非自己発熱デバイスの場合、周囲温度範囲と同じです。 自己発熱装置の温度上昇は、示された最大値を超えてはなりません。

応答時間tA

応答時間は主に、避雷器で使用される個々の保護要素の応答性能を特徴づけます。 インパルス電圧のdu / dtまたはインパルス電流のdi / dtの上昇率に応じて、応答時間は特定の制限内で変化する場合があります。

サーマルディスコネクタ

を備えた電源システムで使用するためのサージ保護装置

電圧制御抵抗器(バリスタ)は、ほとんどの場合、過負荷の場合にサージ保護デバイスを主電源から切断し、この動作状態を示す統合熱断路器を備えています。 断路器は、過負荷のバリスタによって生成される「電流熱」に応答し、特定の温度を超えるとサージ保護デバイスを主電源から切断します。 断路器は、過負荷のサージ保護装置を時間内に切断して火災を防ぐように設計されています。 間接的な接触からの保護を保証することを意図したものではありません。 これらの断路器の機能は、避雷器の過負荷/経年劣化をシミュレートすることでテストできます。

リモートシグナリングコンタクト

リモートシグナリング接点により、デバイスの動作状態を簡単にリモートで監視および表示できます。 フローティング切り替え接点の形をしたXNUMX極端子を備えています。 この接点は、ブレークおよび/または接点として使用できるため、ビル制御システム、開閉装置キャビネットのコントローラーなどに簡単に統合できます。

N-PEアレスタ

N導体とPE導体の間に設置するために専用に設計されたサージ保護デバイス。

コンビネーションウェーブ

組み合わせ波は、架空のインピーダンス1.2Ωのハイブリッドジェネレーター(50 /8μs、20 /2μs)によって生成されます。 この発電機の開回路電圧はUOCと呼ばれます。 UOCは、タイプ3アレスタの推奨インジケータです。これは、これらのアレスタのみがコンビネーションウェーブでテストできるためです(EN 61643-11に準拠)。

保護の程度

IP保護等級は、IEC60529で説明されている保護カテゴリに対応しています。

周波数範囲

周波数範囲は、説明されている減衰特性に応じて、避雷器の送信範囲またはカットオフ周波数を表します。

注文数量に基づく必要があります。

EMC雷保護– IEC 62305-4:2010に準拠したゾーンの概念 避雷ゾーン(LPZ)

IEC 62305-4-2010LPZ_1に準拠したEMC避雷ゾーンの概念

IEC 62305-4-2010LPZ_1に準拠したEMC避雷ゾーンの概念

外側のゾーン:

LPZ0:脅威が減衰されていない雷電磁界によるものであり、内部システムが完全または部分的な雷サージ電流にさらされる可能性があるゾーン。

LPZ0は次のように細分化されます。

LPZ0A:脅威が直接雷フラッシュと完全な雷電磁界によるものであるゾーン。 内部システムは、完全な雷サージ電流にさらされる可能性があります。

LPZ0B:直射日光から保護されているゾーンですが、脅威は完全な雷電磁界です。 内部システムは、部分的な雷サージ電流にさらされる可能性があります。

内側のゾーン(直射日光から保護):

LPZ1:サージ電流が電流共有および絶縁インターフェースによって、および/または境界のSPDによって制限されるゾーン。 空間シールドは、雷電磁界を減衰させる可能性があります。

LPZ2 …n:電流共有によってサージ電流がさらに制限される可能性のあるゾーン

インターフェースを分離する、および/または境界で追加のSPDを使用する。 追加の空間シールドを使用して、雷電磁界をさらに減衰させることができます。

24時間以内に返信し、メールボックスが他の目的に使用されないようにすることをお約束します。